Monday, March 12, 2007

VMWare fusion Beta2

3/1にリリースされました。追加機能は以下の通りです。

Experimental 3D graphics: The rumors are true! You can now play select DirectX 8.1 games in a Windows XP virtual machine. See the release notes for details.
DirectX 8.1のサポートにより3Dゲームが動く様になった様です(ただしexperimental)。

Rollback: Take a snapshot of your virtual machine configured just the way you like it, so you can quickly roll back to that ideal state whenever you need to, with a single click.
スナップショット機能の追加です。vmware-server相当の機能で、一つだけスナップショットを作る事が可能です。

Run Microsoft Vista on your Mac: Want to run Vista on your Mac? Run Vista Business, Enterprise, or Ultimate 32-bit or 64-bit editions side-by-side with Mac OS X.
Windows Vistaのサポートでしょうか。新規にゲストOSを作成するときにVistaのメニューが追加されています。私の場合VMWareはLinuxしか動かさないのであまり関係ありません。

Improved networking support: Full support for AirPort networking with seamless switching between wired and AirPort/Wi-Fi connections.
AirMac(無線LAN)サポートです。これにより無線LANでもブリッジ接続ができる様になりました。前回はNATに設定しないとネットワークに接続できませんでしたが解消された様です。
beta1: AirMac(ホストOS)、Bridge接続(ゲストOS)...×
beta2(今回): AirMac(ホストOS)、Bridge接続(ゲストOS)...○

Improved ability to add virtual hardware: Add virtual hard drives for more storage capacity, add up to ten virtual network interfaces to support private and public networks, and keep an eye on your laptop's battery level from inside your virtual machines.
バッテリー監視機能等のハードウェアサポートの強化です。

個人的に良かったのはBeta1ではVMWare fusionを起動するとExpose, Dashboardのキーバインド(F9〜F12)が無効になってしまうバグが解消された事ですね。普段はVirtueDesktopを使ってデスクトップの領域を稼いでいますが、たまにExposeも使う事があります。Dashboardは日々使っていますのでVMWare fusionを使うと支障がありました。

次回も期待できそうです。とりあえずVMWare workstation 5.5.xまでの機能の実現ですかね。